日常生活自立支援事業

高齢化社会の日本において、お年寄りの介護を家族だけで行っているというのには
とても無理があるように思えます。そこで行政が助けを差し伸べてくれているのですが、
その一つが日常生活自立支援事業というものです。詳しく調べていきましょう。

 

生活自立支援事業とは?

高齢や知的障がい、精神障がいが原因で、日常成果うにおいて
適切に判断できないことがある、または判断に不安を感じるなどの
人に助けを差し伸べています。行うこととしては福祉サービスの
利用手続きの介助、生活費の管理、年金証書などの大切な
書類の預かりなどです。

 

日常生活に支障をきたしてしまいそうな人をやさしく援助するのが目的です。

 

知っておきたいこと

生活自立支援事業は契約者との契約で提供されるサービスのために、
契約者が十分に契約内容について理解している必要があります。
そのために契約者本人が判断能力が低いと判断されてしまうと、
本人との契約は行えなくなります。

 

契約能力がないとみなされた人の場合は、後継人との援助の
必要性など審査が行われることになります。

 

本人の意思によって利用が可能

生活自立支援事業は、本人が生活において不安に感じることがあれば、
利用することができるものです。そのために医師による認知症の診断書、
療育手帳・精神障害者保健福祉手帳などが必要とはされていません。

 

基本的には認知症の方のためのサービスではあるものの、
本人が不安に思うのであれば、利用することができるのも特徴です。

 

生活自立支援事業の活動例

一例として葛飾区について考えてみましょう。
葛飾区には高齢者や障碍者に対して多くのサービスが行われています。
そんな多くのサービスの中から利用できるものを利用するために、手続きなどの点で
支援を差し伸べています。高齢者・障害者の生活状況を計画に反映すると共に、
現状の問題点や課題を分析し、 次期の重点的な取り組みを整理して、
これからの基本的な方向性を示しめして、それを手助けしていきます。

 

葛飾区の支援の例

数多くある葛飾区の支援の中のいくつかをご紹介したいと
思います。高齢者生活支援サービス では、日常生活の
自立にむけて家事などを支援してくれるサービスです。

 

ひとりぐらし高齢者毎日訪問事業 では、家に乳酸菌飲料を
配達しながら、安否確認を行います。
カウンセリング相談では、悩みを感じている人の相談にのります。

 

参考:高齢者生活支援サービス

 

キャッシングの利用は一般の方の利用が多く、2.3万からの利用をされている方が大半のようです。
給料日までに手持ちの現金が足りないという時にカードローンの強みは発揮されます。

 

しかし、これも計画の範疇で利用するなら問題ありませんが、その場しのぎのお金の使い方よくありません。
ご自身の利用が計画があって返済のことも考えながら利用しましょう。